Archive for the ‘日記’ Category

※日記のタイトルをクリックすると、写真を見る事ができます!


梅雨入り

梅雨に入りました。紫陽花の季節になりました。
わが家でもぼちぼちと花が咲き始めました。
昨年植えた紫陽花は小ぶりで可愛らしいです。

ピンク系ばかりです。

カラー、キャットテイル、ツツジも元気に咲いてます。

きばいもんそマスク、頂きました!!

緊急事態宣言が、全国解除になりましたが、stayhome期間が長かったせいか、そそくさと出かける気分にはならないところです。
わが家はいまだ「アベノマスク」は来ていませんが、今日何カ月かぶりにレッスンに来た村田君がお母さま手作りの「きばいもんそマスク」を持ってきてくれました。とても丁寧な作りで綺麗な柄模様で素敵です。

大事に使わせてもらいます。
ラサール学園に通っている村田君は、コロナウィルス感染予防のため鹿児島から動かず広島のお父様とは長く会ってないとかで、お父様は寂しい事だろうと思います。
先日実家に行ったら、ツツジが花をつけて綺麗でした。先月逝った母にも見せてあげたかったなぁと思います。今日は村田君のお母さまからは母のお供えに上品な薫りのお線香まで頂きました。早速あげました。お気持ちが嬉しいです。

春麗ら

Stay Homeで過ごしておりますが、いつの間にかお花が満開になっています。季節が巡ると植物達は逞しく花をつけていきます。
眺めていると癒されるものです。庭に咲いた花たちです。

先日のレッスンの後三年生の悠君にオキザリスの苗をあげたら、お庭に植えたとかで嬉しかったのか学校の日記に書いたそうで、お母さまが送って下さいました。しっかりとした優しい気持ちの伝わる文で感心しました。

母が逝って

 早いもので母が4月20日に逝ってしまって三週間ほど経ちました。
 初めて出す葬儀はどうなることかと思いましたが、生徒さんのお母さまの木原さんに助けて頂いたり、ご近所の輝代さんはおにぎりを届けてくれたり、小磯さんと二人で受付をしてくれたり心温まる気遣いはほんとうに嬉しいものです。

 コロナウィルス感染防止で回りの方には殆どお知らせはしませんでしたが、こじんまりとした気持の籠もった式になったかなと思います。同級生とは有難いもので、棺を担いでくれる人がいないなぁと思っておりましたら、小学校で同じクラスだった男性陣5人が来てくれました。永用君、岩熊君、植村君、中村君、福吉君、ありがとう!!

 お通夜の前の晩に何か演奏して送ってあげたいと思い立ち、2月のリサイタルのアンコールで弾いたグノーの「アヴェ・マリア」で送ることにして、ピアニスト田中利絵さんに急遽連絡、快く電子ピアノ持参で演奏してくれました。またBGMは以前コンサートで弾いた「海浜音詩」を流したいと言いましたら、その時の録音のCDを部屋中探したとかで届けてくれました。ほんとうに感謝です。

 少し落ち着いて、母に話し掛けているこの頃です。
 遠方の友人や元お弟子さんからは心配してお電話をもらったりお供え物が届いたり、教室の生徒さんや友人がお花を持ってきてくれたりお焼香に来てくれたりで気持ちが癒されます。感謝です。

発表会の準備

昨日はとても穏やかで暖かい一日でした。毎年、この季節に発表会の準備でアンサンブルレッスンを始めます。 今年は新型コロナウイルス肺炎予防のため少ない人数でアンサンブルレッスンをしました。 小まめに換気をして手指消毒をしてまずはちびさんグループの「ロングロングロングアゴー」「鈴木指導曲集からアレグロ」から始めました。
< rel=
塔子ちゃん、春花ちゃん、和夏子ちゃん、友花ちゃんのお姉さんグループはテレマンの4つのバイオリンのための協奏曲を合わせました。

友花さんは1年ぶりの参加です。 和夏子ちゃんはお姉さんたちに交じって楽しそうでした。 石川に引っ越しするのでその前に皆とアンサンブルを楽しんでいました。 レッスンが終わってからティータイムでガールズトークに花が咲きました。

木原さんがリサイタルでビデオ撮影をして下さったのですが、今日届けてくださいました。いつもきれいに仕上げて下さって感謝です。

Duo Recital から10日

武漢肺炎の影響で軒並みコンサートが中止または延期になっています。アンサンブルFelixのメンバー稲森奈津子さんが公演予定だった「春のクラシックトリオ」も延期になってしまいました。練習はもちろんのことチラシ作成、PR他公演まで様々な準備をしたものが中断するのはとても残念なことです。早く収束してほしいものです。
田中利絵さんとのデュオリサイタルは、横浜から聞きに来ると言っていた友人がキャンセルにしたり、弟子のお医者様や知り合いの歯医者さんたちも来れなかったりと多少の影響はありましたが、今思えば開催できてラッキーでした。
友人の元カメラマンさんが写真をたくさん撮影してくれたのでその一部をUPします。
リハーサル

十島雍蔵先生からゴージャスなお花が届きました!ありがとうございます。

開場です。

チェンバロとの演奏。パガニ-ニ:チェントーネ・ディ・ソナタとラ・フォリア

ベートヴェン:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ第2番

田中利絵さんのパワフルなソロ メフィストワルツと禿山の一夜

アメリカの作品で締めました。
ポーギーとベス、金髪のジェニー、バンジョーとバイオリン

プログラム終了!
アンコールのチャルダッシュは田中利絵さんにいろいろと無理難題な注文をつけましたが、楽譜無しでの即興伴奏となりました。お客様は喜んでくださったようです(^-^)凄い人です!!

終了後ロビーで、生徒さん達とリラックスしています。

リサイタル、終わりました。

一昨日、とてもいい陽気のなか田中利絵さんとのリサイタルを開催しました。沢山のお客様が聞きに来て下さいました。
沢山の方の力添えがあって無事に終了しました。

鹿児島交響楽団でコンサートでミストレスをしていた頃団長さんだった十島擁蔵先生からゴージャスなお花が届きました。お客様をお迎えするにあたりリサイタルの雰囲気を盛り上げてくれました。

いろんなジャンルの曲を選曲したので、色々と工夫しながら練習しましたが、もっと時間が欲しいと思いました。
 気軽なおさんほ気分で聞いて欲しいと多彩な曲目でプログラムを組んだので楽しんでもらえたようです。

教室卒業生の生徒さんたちが聞きにきてくれました。

山本真希子ちゃんも来てくれました。

選曲のアドバイスを下さった音楽プロデューサーの中野雄先生、ステージマネジャーの有村航平さん、アナウンスの木原雅代ちゃん、雑用に走りビデオ撮影もしてくださった木原和代さん、写真撮影をしてくださった福吉さん、受付をしてくださった窪田先生、阿世知輝代さん、サンエールステージスタッフの皆様、プログラムの広告協賛をして下さった本坊酒造、イズタバイオリン、日本ガス、藤絹織物・・・・それに教室の生徒さんたち・・・感謝申し上げます!!

Duo Recital迄もう少し

ここ何日か冬らしい寒さが戻って来ました。演奏する者にとっては暖かい方が嬉しいのですが、リサイタルまでもう少しです。寒いので練習前にストレッチをやって体をぼくしてから弾くようにしています。
そんな中、横浜の紀代さんから聞きに行けないからと、心のこもったメッセージカードとお祝いのクッキーが届きました。

ちょっとへこんでいる時にこのようはカードをもらって本当に励まされます。離れていても何かあると気遣いのメールをくれる声楽家です。  
また先日は、同級生からリサイタル時に楽屋に置いて!とブリザードフラワーが田中利絵さんと二人に届きました。
友達とは有難くて嬉しいものだなぁと思います。
友達に感謝です!!

鹿児島市春の新人賞授賞式

昨日は第45回春の新人賞授賞式でした。若手芸術家の登竜門として長い歴史があり、受賞者は多方面で活躍しています。
現代美術の木浦奈津子さん、タップダンスの木場貴丸さん、チェロの福原明音さんが受賞されました。

特にチェロの福原明音さんは南日本音楽コンクールに中学生の頃から参加され、審査員をしておりましたので、その成長ぶりに感心します。今後の活躍が楽しみなチェリストです。

教え子、頑張ってます!!

今日は、みやまコンセール霧島国際音楽祭の創立者とも言えるボッセさんをしのんだ「ボッセ祭」がサンロイヤルホテルでありました。

教室卒業生の横内梨帆さんが会員の方に演奏を聞いて頂きました。私も聞かせてもらいました。
プログラムは格調高く
バッハの無伴奏パルティータ第2番からアルマンドとジーグ、シューベルトのバイオリンとピアノのためのソナチネ第1番、超難曲のヴィエニャフスキーのファンタジーブリランテ
でした。
 

 
弟子の活躍は嬉しいことで、励まされます。デュオリサイタルに向けて頑張らなくては!!