Archive for 11月, 2021

※日記のタイトルをクリックすると、写真を見る事ができます!


木原雅代さんコンサート開催。

長年、レッスンに来ていた木原雅代さんが、新型コロナの影響で延期していたviolunoトリオのコンサートを23日開催することができました。松陽高校音楽科の同級生で結成したグループです。

今日は張り切って聞きに行って来ました。
何事にも真面目に取り組む雅代さんですが、出だしは少し緊張していたようです。プログラムが進むにつれて3人の気持ちの盛り上がりが感じられました。フレッシュで爽やかなコンサートとなりました。なにはともあれ、開催できてうれしい気持ちになりました。

これから様々なステージを踏むことで、さらに演奏に磨きがかかることと思います。
少しずつ、積み上げて行ってくれることと思います。楽しみにしています。

伊敷小学校コンサート

昨日はあいにく朝から雨でした。
7時過ぎに家を出て伊敷小学校行きました。
先日の明和小学校で公演した鹿児島市芸術家派遣プロジェクト[音楽で巡る旅]
と題した名曲コンザートの2校目でした。

コロナ感染防止のため、ソーシャルディスタンスをとってのコンサートで、低学年と高学年と分けて 40分の二回公演となりました。
とても反応のよい素直なこともたちででした。

ピアノと鍵盤ハーモニカを田中利絵さんそソプラノは稲森奈津子さんが出演しました。私はバイオリンとヴィオラを演奏しました。

最後にバプリカを演奏してポディパーカッションで参加してもらって盛り上がって終わりました。楽しかったです。

昨日の冷たい雨の日とは打ってかわっていいお天気の一日でした。
9月26日の第94回定期演奏会から一月半で本番という、ハードスケジュールの中、無事終了しました。

メインは久しぶりの本格的なシンフォニー、チャイコフスキー第6番【悲愴】でした。亡くなった父が大好きな曲だったので思い入れも強く忙しい日々でしたが、参加して演奏しました。
弾いても、聞いてもいい曲です!!
藤本淳也さんのロマンティックで、躍動感のある指揮で、団員全員が惹き込まれてひとつになって熱い演奏となりました。

今回は教室の卒業生の、有村錦さんと、室屋友花さんが参加しました。二人共短い期間でしたが、良く練習して充実した時間を過ごせたようです。

本番前にバイオリン属でパチリ!!

明和小学校でのコンサート

とても爽やかな天気の中、鹿児島市派遣プロジェクトの一環で、鹿児島市の明和小学校で【音楽で巡る旅~名曲を楽しもう】と題してピアニストの田中利絵さん、ソプラノの稲森奈津子さんとコンサートをさせて頂きました。
担当の坂下伸一郎先生が事前にていねいな準備をしてくださり気持ちよく、楽しく演奏することができました。立派な看板を作って下さいました。

控え室も可愛らしいお花が飾ってあって、心のこもったお迎えをしてくれました。

コロナ事情が心配されるなか、落ち着いてきて、低学年と高学年に分けて40分のプログラムで二回公演となりました。
オープニングは稲森さんの「一晩中踊り明かそう」でした。

子供たちは、私たちの演奏に聞き入ってくれて、曲にあわせて体を揺らしたり、手拍子をしたり反応が良くて気持ちの良い演奏会となりました。
私は、「チャルダッシュ」とヴィオラで「白鳥」を演奏しました。
田中さんが鍵盤ハーモニカ、稲森さんがピアノ、私はマラカスを受け持っで【名探偵コナン】を演奏しました。

最後にディズニーの小さな世界を演奏して終わりました・

坂下先生が、子供たちに演奏会とはどんなものか経験して欲しいとのことで花束贈呈もありました。
綺麗なお花をそれぞれ頂きました。
子供たちが体育館に集まるのは二年ぶりとのことで、みんなのテンションがあがっている空気感がありました。普通の日常がどんなに幸せなことなのかと思う1日でした。