Archive for 11月, 2018

※日記のタイトルをクリックすると、写真を見る事ができます!


昨日、お天気を心配してましたが、気持ちの良い秋晴れの中、イースペースホールで【音楽の花束】~ソプラノ・ヴァイオリン・ピアノの調べ~が赤ちゃんから80代の方まで満席のお客様をお迎えして無事終了しました。
稲森奈津子さん、田中利絵さんという素晴らしいアーティストとコンサートが出来たのはとても幸せでした。感謝です。

桜島と共に夕暮れから夜までの変化も相まった景色を背に演奏を聞いて頂きました。

とてもとても嬉しかったのはに、現在レッスンに来ている生徒さんたちのほぼ全員が聞きに来てくれたことです。コンサートに行き慣れてない生徒さんには特に聞いて欲しかったので嬉しかったです。
オープニングの後ソロの最初は稲森さんの「あわて床屋」からです。

ヴァイオリンのお話をして、「チャルダッシュ」と「ロンドンデリーの歌」を演奏しました。

田中さんは鍵盤の数は?など楽しいトークとピアノお話のあと、コンサートではまずやらないのですが、子供たちに近くまで来てもらって「剣の舞」の演奏を披露しました。

日も暮れてワインの時間になってきました。稲森さん、ワイン(ぶどうジュースでした)片手に酔っぱらったのかと思うくらいの演技で「アンネンポルカ(ほろ酔いの歌)」を楽しませてくれました。

途中、田中さんの鍵盤ハーモ力、稲森さんのピアノ、私がマラカスなどのパーカッションて演奏した「名探偵コナン」はこどもたちは喜んでくれたようです。

ディズニーメドレーではミニーのカチューシャをつけて演奏しました。

生徒さんや、友人からお花やお菓子などいろんな心の籠もった差し入れを頂きました。気持ちが嬉しいです。

悠くんからは、「ゆみこせんせい、よくがんばりましたね。」のお手紙つきでお花をもらいました。

にこちゃん、きこちゃん姉妹からは「先生の頑張っているところがすきです!」とのお手紙をもらいました。とってもうれしいですが、プレッシャーです。気がぬけません。

生徒さんのお母様、山元さんには急遽受付を、木原さんには記録用写真撮影もお願いして快く引き受けて下さいました。今日の演奏写真は全部木原さん撮影です。ありがとうございました。

【音楽の花束】コンサート間近

11月17日の【音楽の花束】コンサートが近づいて来ました。この時期は芸術の秋と言うだけに、演奏会出演の機会も多く、ピアノの田中利絵さん、ソプラノの稲森奈津子さんとともに忙しい中コンサートに向けて一緒に頑張っています。
今日は南日本新聞にコンサートの紹介記事が掲載されました。このようなメディアに載ると反響が早いですね。早速朝早くに問い合わせのお電話を頂きました。南日本新聞は数多くの鹿児島のアーティストの活動を応援してくれる記事も多く、地元に密着しているところがいいと思います。

練習の合間にたまに庭の花を眺めます。ホトトギスが咲いています。秋のキャットテイルは色が鮮やかです。

紫の千日紅は夏から咲き続けてます。元気なお花です。

下野竜也さんのショスタコーヴィッチ

本日鹿児島交響楽団第90回定期演奏会が開催されました。
プログラムは、鹿児島市出身で、甲南高等学校の後輩になる下野竜也さん指揮、清水和音さんのチャイコフスキーのピアノ協奏曲とショスタコーヴィッチのレニングラードでした。盛会に終わりました。

清水和音さんのテクニックと音楽共に素晴らしく、聴衆の方だけでなく共演した私達も魅了しました。
今日のリハーサルの合間の、写真です。

拍手鳴り止まずという感じでした。

平和を破壊するナチスとの戦いがテーマの【レニングラード】は大編成で80分ほどの長時間の抑揚の激しい曲です。ひとつひとつの音にショスタコーヴィッチの思いが込められていて、それを理解して演奏すると、なおいっそう深みを感じる作品です。弾いて感動しました。

N響ティンパニ奏者の鹿児島県出身の久保さん、練習の時はみとれていました。バンダ部隊です。

教室卒業生の雅代さんはしっかり弾いていました。おさらい会の伴奏をして下さる田中先生も出演。

友香さんから素敵なアレンジメントを頂きました。聞きに来てくれた友花さんや春花さんからかわいいプレゼントが。。。ありがとうね!!